02. 教育目標

教育目標

1  実際に役立つ英語を身につける。
2  英語を通して国際的感覚を養う。
3  日本語と全く異質な言語である英語を学ぶことにより日本文化と伝統をよく理解する。
4 何事にも何人にもとらわれない自由で強靭且つ大なる人格の確立をはかる。

 

お申し込みになられる御父母の皆様へ

 当塾では主に将来実際に英語を使いたい、英語の書物を自由に読んでみたい、という生徒fを対象に英語を教授いたします。
 御承知の如く、日本人がヨーロッパの言語を習得する際には大変な困難を伴います。従って当塾ではなるべく低年令から指導をはじめ、無理なく英語が身につくよう、一貫した指導を行っております。拙速主義を排し、常に基本を重んじ、地道に学習が進められます。また学問を追求する基本的態度「謙虚で開かれた姿勢」を身につけることも念頭に置いています。
 実際の英語指導にあたっては、言語の"素"である「音」から入り、言語のもつ基本的原理を身につけることに主眼点が置かれます。また、単なる知識を教え込むのではなく、生徒一人ひとりの能力を開発し、引伸ばすため、出来得る限り帰納的方法を採り入れています。
 一旦入塾された生徒には責任ある指導をお約束します。但し、家庭と塾との密接なる協力関係の維持、きちんとした躾、規則正しい学習習慣の確立が効果的な学習の第一歩と考えております。この点十分認識の上お申し込みください。
 英語を通じてお子様の未来の創造に少しでもお役にたつことができますならば幸いです。

塾長   小  林   茂

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このアーカイブについて

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。